B型肝炎が定期接種になりました


B型肝炎ウイルスは肝障害を起こすウイルス感染症で血液や体液から感染することがあります。
成人になって感染した場合、急性肝炎を起こした後治癒することが多いですが、乳幼児期に感染した場合、感染状態が継続し(慢性肝炎)、大人になって肝硬変や肝がんへ進展することがあります。

B型肝炎の感染は乳児期の集団保育で知らないうちに感染したり、ウイルスを持つパートナーとの性感染症でおこることがあります。
このようにB型肝炎の感染は日常生活でも起こり得ることから、多くの国はB型肝炎ワクチンを定期予防接種と位置づけています。

B型肝炎ワクチンを接種(3回)することで、感染予防することができます。
B型肝炎の感染既往や予防接種の免疫の有無は、血液検査で確認することができます。
A型肝炎とB型肝炎の混合ワクチンもあります。

今まで予防接種を受けたことがない人は接種をぜひご検討ください。