水虫,足白癬


水虫は早めに治療するようにしましょう。
http://www.patient.co.uk/showdoc.asp?doc=23068681


足白癬(水虫)は一般英語では
Athlete's footといいます。主に白癬という真菌の感染が原因で、足の指の間など、湿っていて通気性の悪い皮膚の部位によくみられます。プールのシャワールームの共有や家の足拭きマットなどを介して足の皮膚に感染します。感染皮膚は容易にひび割れ、皮がむけやすくなります。足白癬自体は普通は皮膚のみの感染で、重症化することは少ないです。しかし、足以外の皮膚、主に足の爪やソケイ部(下肢の付け根部位)に感染が広がったり、足白癬の結果、皮膚のひび割れから細菌感染を起こすと、下肢の重症合併症につながることもあります。皮膚の感染が強い場合、感染箇所が広範囲、爪の感染の場合は、外用クリームに加えて抗真菌薬の内服が長期に必要になることもあります。白癬症は早期に治療をおすすめします。

抗真菌薬を使用する際のアドバイス
赤くなっていたり皮がむけている部位だけでなく、周辺の4-6cmの範囲の皮膚にも抗真菌クリームを使用します。
●1週間ほど治療すると皮膚の赤みは改善します。しかし、薬の使用が2-4週間以上必要になることも多いです。
炎症の強い皮膚には、抗真菌薬に加えてステロイドの入ったクリームを使用します。ステロイドは長期の使用は副作用の問題もあるため、医師の診察を受けながら治療を行いましょう。

その他アドバイス
足の指の間や足の裏を毎日丁寧に洗い、清潔に保つようにしましょう。
タオルや足拭きマットの共有は避けましょう。
足の裏が汗で蒸れないように、ソックスを頻繁に交換したり、通気性の良い靴を選ぶようにしましょう。毎日同じ靴を履かず、2-3日おきに変えるのが望ましいです。