デングワクチン

デング熱は蚊が媒介するデングウイルスの感染症で、4種類の型(セロタイプ)があります。これらの4種類の型に効果が期待できるデングワクチンが開発され、インドネシア、タイ、フィリピン、ブラジルなど数か国で認可されています。

しかし、デングワクチンが重症のデング熱のリスクを上げると懸念される新たな報告を受け、WHOでは、デングワクチンはデング熱感染既往のない人には接種しないように勧告しました

ワクチン接種は、デング熱の既往のあるものにより高い効果が期待できます。12歳から16歳までのデング熱流行地に住む人に対するワクチンの効果について調べられ、既往歴のあるものは81.9%、既往歴のないものは52.5%の効果だったそうです。

デングワクチンの主な副反応は、注射部位の痛みや腫れ、頭痛、倦怠感などでほぼ3日以内に改善します。発熱は接種後2週間以内に起こることがあります。ちなみにアナフィラキシーショックなどの重篤な副反応は極めてまれです。

まとめ
過去にデング熱と診断されたことのある人には、接種により今後の罹患を予防する効果は高いと考えられますが、デング熱既往のない人には勧められません。

シンガポールのワクチン適応:12歳から45歳までのデング熱の既往のある人
妊娠中や授乳中、免疫低下などの疾患を除く

スケジュール:3回接種(2回目:6か月後、3回目:12か月後)

12歳未満、46歳以上の接種については、現在のところ効果や副反応などのデーターが不十分のため接種はできません。

子連れ旅行の注意点


シンガポール滞在中に家族で近隣諸国に旅行に行く機会も多いのでは?
子連れ旅行の注意点をまとめました。

旅行の計画
必要な予防接種を確認しておく
旅行行程は子供向けの余裕のある内容にする
体調不良時に備え、快適に過ごせる施設(ホテル)を選ぶ


持ち物
おやつ、ベビーフード(必要あれば粉ミルク)
ハンドクリーナー/ウエットティッシュなど衛生対策、防蚊・日焼け対策
海外旅行保険

途上国での食事
乳児には、母乳がもっとも安全
加熱調理されたものを、温かいうちに食べる
果物はカットフルーツを避け、皮を自分でむいで食べるものがもっとも安全(特に野外)
ビンの水は品質が信頼できない場合があるので、粉ミルク用には煮沸して使用

旅先での注意点
けがや土からの感染症の危険があるため、靴を着用(特に海岸での素足はけがの原因になりやすい)
旅先での事故に注意(子どもの旅先の死亡原因は、交通事故、溺水が多い)
事故、迷子など、万一に備え身分証明書を身につけさせる。


下痢
旅先で最も多い体調不良が下痢
乳幼児は脱水を防ぐため水分補給が重要、ORSの使用を検討
現地で市販(Over the counter)の下痢止めは子供には用いない。脱水を防ぐのが重要。
脱水で尿が出ない、高熱が続く、腹痛が強い、便に血が混じっているときには、現地の医療機関を受診する


虫刺されで感染する病気
マラリアの流行地であれば、予防薬が必要かどうか医師に確認する。(例、タイのへき地の滞在などでは予防薬がいらないことが多い)
特に子供は虫対策を、長そで、長ズボン、虫よけを使用、夜はエアコンの使用できる部屋で過ごし、虫刺されのリスクが高ければ蚊帳を利用する。
虫が媒介するで感染症:デング熱、リーシュマニア、トリパノソーマなど

狂犬病
大人と比べ、子供は狂犬病に感染する危険が高い。
動物に近寄らないのが原則。
動物にかまれたり引っかかれたりしたら、親に報告するように事前に教育しておく。
どんな動物にかまれてもしっかり石鹸で傷口を洗い、原則医療機関に受診する。


虫除成分
DEETは有効性が高く、濃度が高いほど長時間有効
乳児(2か月以上)には高濃度の製品は避けましょう(DEET10-20%でしたら問題なく使用可)。


事故
子供の死亡原因の1位は交通事故、2位は溺水
チャイルドシート持参の検討
ライフジャケットの着用