日本での昨今の麻疹の流行とMMR ワクチンについて教えてください


日本での昨今の麻疹の流行とMMR ワクチン

2018年425日までに沖縄県で71名、愛知県で8名が報告されています。
2018年は例年と比べ東南アジアやヨーロッパで多く麻疹が報告されているため、これらの国と関係が深い日本にも感染が広がってしまったようです。

  1. 麻疹はどのような病気ですか?
    高熱、呼吸器症状、結膜炎、発疹などの症状が10日程度続きます。非常に感染力が高く、1000人感染すると2人が死亡、けいれんや肺炎などの合併症の率が高く、感染後抵抗力が回復するまでに長期間かかります。
  2. MMR とは、どのようなワクチンですか?
    MMR(麻疹、流行性耳下腺炎、風疹)の生ワクチンで、シンガポールを含め世界的に広く用いられています。
  3. 接種にあたり、受ける時期や回数など教えてください。
    シンガポールでは1歳時に1回目、3-6か月空けて2回目を接種します。
    大人で麻疹、風疹、流行性耳下腺炎それぞれの予防接種を2回接種を受けておらず、既往歴がはっきりしない人は追加接種について医師とご相談ください。
  4. どのような方におすすめしますか? それはなぜですか?
    20-40代の男女。特に男性は風疹の接種歴も不足している方が多くいます。
  5. 気をつけるべき点
    妊娠している可能性のある女性は接種できません。念のため妊娠する可能性のある女性は2か月は避妊してください。

MMRワクチン接種で、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎の免疫をつけよう



2018年3月下旬以降、麻疹を発症している台湾からの旅行客がら沖縄に麻しんが流始まり、4月 末までに 80例以上が報告されています。
麻しんは、ワクチンによって予防できる感染症です。現在の定期予防接種は日本ではMR1期が1歳、2期が小学校入学前、シンガポールではMMR1歳で2回接種します。この2回接種によって麻しん をほぼ予防することができます。

世界的には麻疹はありふれた感染症です。特にアジアは多く、年に10万人程度の麻疹に罹患していると考えられています。
2017年はヨーロッパでも麻疹が流行し、2016年は5000件でしたが、2017年は2万件以上報告されています。

20-40代では、予防接種の回数が1回のみの方が多く、今回多くの麻疹罹患がこの年代に多いようです。シンガポールで暮らす邦人は、出張や旅行で各国に旅行される機会が多いと思います。麻疹、風疹接種歴を確認し2回目接種がない人や、既往歴がはっきりしない人はMMR追加接種を受けましょう。