【2018年6月2日「WHO版Psychological First Aid (PFA) 1日講習会」のご案内】

【2018年6月2日「WHO版Psychological First Aid (PFA) 1日講習会」のご案内】
 2013年バンコクでPFAのファシリテーター研修(日本語版)があり、その時はシンガポールからの参加は私一人だったのですが、いつかPFAをシンガポールで開催できればいいなぁと夢のように考えていました。この度、JAMSNETが主催してPFAをシンガポールで開催する話があり、世話人の一人としてお手伝いしています。
災害やテロの被害にあった人の心のケアだけではなく、日ごろからの対人支援に役立ちます。ぜひ積極的にご参加ください!

申し込みページはこちらになります → https://goo.gl/forms/ZGikDCXiIRtaBU2p2  

この度、東南アジアのハブ都市であり日本人も多く滞在しているシンガポールでPFA研修が、JAMSNETの主催で実現する運びとなりました。
*準備にあたって、2018120日、21日にシンガポールの医療者など19人対象にPFAファシリテーター研修を実施しました。
*今回の1日研修は、PFAファシリテーター研修者が講師となりますが、講習参加者が自ら考え体験する参加型研修となります。
*事務局では企業スポンサーについても募集しております。
 https://goo.gl/forms/Nk7JGnArVqbH976P2 (協賛申し込みページ) 
*ご興味のある方がおられましたら転送していただければありがたいです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お問い合わせ:pfa.singapore@gmail.com 
____
Psychological First Aid PFA)について
PFA http://pfa-jp.org とは、危機的な出来事に見舞われて、苦しんだり、助けが必要かもしれない人に、同じ人間として行う、人道的、支持的、かつ実際的な支援の方法です。なかでも国際的に広く支持を受け普及もしていWHO版は、アフリカや南アジアといった地域で実際に国際緊急時支援や難民支援にあたってきたNGOなどの実務者の意見が大きく取り入れられており、精神保健の専門家のみならず幅広い職種の支援者に普及しやすく作られているという特徴があります。WHOPFAは、世界はもちろん、東日本大震災後に日本でも広く利用されています。今後起こり得る災害への被災被害者と支援者双方の心得を学びます。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
研修会開催概要
日時:20186214:00-20:0013:30付開始)
場所:クレメンティ小学校95 Clementi Road, 129782
(参加費:S$35
参加対象者
医療、教育、旅行、航空、公的機関等にお勤めの邦人
心的援助の方法に興味のあるシンガポール内外の在留邦人
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
どうぞよろしくお願いいたします。

認知症予防のためのアドバイス


物忘れ(短期記憶障害)特アルツハイマ知症、脳梗塞などに関連して起こる血管性認知症まだら認知症 、また、幻視やパーキンソン症状が起こるレビー小体型認知症があります。アルツハイマー型認知症には関連する遺伝子が複数報告されていますが、レビー小体型認知症や脳血管型認知症の多くは孤発性です。

認知症予防のために、糖尿病、血圧、脂質(コレステロール、中性脂肪)のスクリーニング、血糖値が高い人は健康的な生活(運動・食事)と治療の検討、肥満を避ける、アルコールを控える、精神的にも肉体的にも活動性を保つ、うつ、喫煙、勉強の継続これらが有効であることが分かっています。

加齢による発症リスクは避けられませんが、年を取っても健康に過ごせるように1、2個自分にもできそうな課題を課し毎日を過ごしましょう。
例)YouTubeを手本に運動、スカイプ英会話、中国語にチャレンジ、毎日よかったことを3個親子で報告しあう(うつ予防)、夫婦仲の改善(年をとっても仲良く)など

ぜひ皆さんも何か取り組む課題を決めて受診の際に教えてください。