海外駐在員の働きすぎにご注意ください

シンガポールで働く日本人の駐在員は、「人員が限られている」「日本の本社が勤務状況を把握しにくい」などの理由で、過重労働になりやすい傾向があります。英語での日常業
務、同僚との人間関係、家族の問題がストレス源になることもあるでしょう。ストレスが大きくなり過ぎると、疲労感が回復しなかったり仕事の能率が低下したりするだけでなく、気分の落ち込みや不安感などメンタル面で不調が現れることも少なくありません。

 こうしたストレス反応がある時は、早めの受診をお勧めします。症状が重い場合、勤務制限や上司・産業医への相談をアドバイスし、本人の許可があればシンガポールの直属上司との面談、日本の産業医とのやりとりを通して診断書を発行することもあります。休職が必要と判断されれば、早めに日本へ帰任する場合もありますが、そのままシンガポールで時短勤務などの業務制限のもとで様子を見て、症状の回復を待つケースもあります。

 海外駐在員は仕事の能力や適応力が高い人が選ばれることが多いですが、働き過ぎによってバーンアウトしてしまったら自分だけでなく、シンガポールに帯同している、または日本に残している家族の生活にも大きな影響を及ぼします。自分の人生を仕事で犠牲にすることがないように、心身の健康状態を常に意識して毎日を過ごしましょう。

海外生活のストレス対処法

シンガポールは安全で住みやすい国ですが、言語、教育、仕事、文化の違いもあり、当初は、新しい経験や生活に、誰でもストレスを感じるものです。海外生活でのトラブルや慣れない経験(例:育児、仕事)で、精神的に対処が難しくなると、気分が落ち込む、仕事や趣味などの興味を失う、集中できなくなるなどのうつ状態、不安感、イライラなどの気分を感じることが多くなります。睡眠障害、食欲低下など気分以外の症状が伴うこともあります。

対処法の2大柱は、1、ストレスを減らす、ストレスから離れること、2、ストレスマネージメント(気分転換、心身のリラクゼーションなど)です。

在星邦人では一番ストレスにさらされやすいのは子育て中のお母さんのように思います。なるべく家事などの負担はヘルパーさんを利用するなど減らして、自分自身が楽しくリフレッシュできる時間を持ちましょう。短い時間でも家でストレッチを行ったり、夜は夫に育児を任せてインターネット英会話など、ストレスマネージメントの方法を考えてみましょう。信頼できる人に自分の状況を話してみたり、うつや不安感で苦しいときには医師や心理の専門家に相談しましょう。お父さんは、仕事に一生懸命になりがちですが、家庭を守るお母さんのケアもよろしくお願いします。