手足口病アップデート(2018)

2018年の手足口病の発生数は例年に比べやや多く、マレーシアなどの近隣諸国では2人の幼児が死亡し、多く手足口病の件数が報告されました。エンテロウイルス71型(EV71)やコクサッキーウイルスA型ウイルス感染が原因になります。EV71は感染力が強く、重症化し、脳炎、心膜炎、肺炎などの合併症を起こすことがあります。シンガポールでは主にコクサッキーウイルスA型のケースが多いようですが、2000年、2008年とシンガポールにも手足口病による死亡ケースの報告があり、これらはEV71が原因だったようです。

シンガポールでは唾液による安価な手足口病の迅速診断検査やEV71の予防接種が数年以内に利用可能になるとのことです。


手足口病の流行状況について保育園や幼稚園からお知らせがあった場合は、登園前に自分の子供に手足口病の症状がみられないか、手足と口の中を観察しましょう。疑わしい発疹が見られたらクリニックに受診してください。高熱が続き嘔吐がある、ぐったりしている場合は特に注意が必要です。

シンガポール政府は感染者の統計を毎週発表しており、流行が続く園は10日間程度閉鎖を指示することがあります。発疹のある間は、口の中の所見がなくなり手足の水泡が乾ききるまで登園はできません。子供の遊具などを介してウイルス感染が広がることがあるので、子供が集まる場所には行かないようにしましょう。

A型肝炎・B型肝炎


A型肝炎ウイルスは感染者の便から排出され、このウイルスで汚染された水や食べ物の摂取で肝炎をおこします。ウイルスを持っている人が調理した食物に付着したり魚介類の生食や汚染された水より感染しますシンガポールや日本は衛生的なので感染することはあまりありませんが、他の国に旅行したり長期滞在すると感染のリスクが高くなります。先進国でもA型肝炎に汚染された冷凍ベリー(ブルーベリー、ストロベリーなど)の摂取より流行するケースが時に報告されています。

B型肝炎ウイルスは肝障害を起こすウイルス感染症で、感染者の血液や体液のウイルスから感染することがあります。B型肝炎の感染は乳児期の集団保育で知らないうちに感染したり、ウイルスを持つパートナーとの性感染症でおこることがあります。多くの国はB型肝炎ワクチンを定期予防接種と位置づけています。成人になって感染した場合、急性肝炎を起こし、乳幼児期に感染した場合、感染状態が継続し(慢性肝炎)、大人になって肝硬変や肝がんへ進展することがあります。
A型肝炎・B型肝炎の感染既往や予防接種の免疫の有無は、血液検査で確認することができます。
A型肝炎とB型肝炎の混合ワクチンもあります。今まで予防接種を受けたことがない人は接種をぜひご検討ください。