リステリア感染症


リステリア感染症

オーストラリアではリステリアがカットメロンが原因、リステリア流行。シンガポールでもオーストラリアから輸入されたメロンが原因でリステリア感染症が報告されたようです。

リステリアは、自然環境や動物の腸管内に広く分布しています。
発症しても軽症で自然に治ることが多いですが、悪寒、発熱、筋肉痛などインフルエンザ様症状、菌血症、髄膜炎、中枢神経系症状を引き起こす場合もあります。

加熱により死滅します。
4℃以下の低温や、12%食塩濃度下でも増殖できるます。
感染力は低いですが、免疫が低下した高齢者や妊娠中の女性は感染することがあります。胎盤を通過し胎児に流産や後遺症などを引き起こすことがあります。

注意する商品:生野菜、生ハム、スモークサーモン、加熱していないチーズなど(冷蔵庫に長期間保管でき加熱せずに食べられる食品)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000070272.pdf
(リステリア感染症についてのリーフレットです。厚生労働省)