糖質制限へのアドバイス

砂糖や、米・パン・麺類などの食品に多く含まれる糖質は、食後腸から吸収され、直接血糖値を上げます。血糖値が高くなると、膵臓からインスリン(血糖を下げるホルモン)が分泌されます。肥満や糖尿病があると、高血糖や高インスリン状態が続くことにより、動脈硬化による塞栓症などの疾病の危険が高くなります。 質制限は、糖の代わりに体内の脂肪をエネルギー源として使うことで、肥満がある人の減量に効果があり、血糖値を上がりにくくすることで、動脈効果の進行を防ぐことが期待できます。

食事からパンやご飯などの糖質を抜くだけでは、摂取エネルギーが不足し、体調不良や筋肉量の減少につながる恐れがあります。高度な肥満がなければ、蛋白質、脂質でエネルギーを十分補いながらの実施をお勧めします。野菜をバランス良く取り入れれば、ビタミン・ミネラルなどの栄養素が補給しやすくなり、食物繊維により便通が整いやすくなります。

運動の併用も大切です。糖質制限を始めると最初は効果的に減量できても、しばらくすると減量が難しくなります。糖質制限だけでは筋肉量は増えません。筋肉を鍛え、効果的に脂肪を燃焼させ、健康な体づくりを目指しましょう。

糖尿病があり、内服薬で血糖値を下げる薬やインスリンを使用している人は、糖質制限で急な血糖低下を起こす危険があります。主治医に相談しながら実施してください。