MMRとMMRVワクチン


シンガポールではおたふく単体の予防接種はほとんど流通していないため、MMRあるいはMMRVで行うのが一般的です。
シンガポールでは1歳になったら、2回接種をおこないます(2回目:3-6か月後)
おたふく、水痘の予防接種も忘れず2回実施し、感染しないよう十分な免疫を付けましょう。


●MMR
MMRMeasles,Mumps,Rubella(麻疹、流行性耳下腺炎、風疹)を予防します。
シンガポール予防接種スケジュールではMMRワクチン1回目は12ヶ月、2回目は15ヶ月から18ヶ月の間に実施します。

MMRの副反応で一番多いのは、接種部位の腫れと痛み、耳下腺、顎下腺の腫れです。熱を伴うけいれんもまれに起こります。熱を伴うけいれんが、接種する前の期間と比較して3000-4000回に1回の頻度で多かったという報告があります。 接種8-14日後に起こることが多いです。

●MMRV
MMRワクチンの代わりにMMRVワクチンを選択することもできます。

Measles, Mumps,Rubella麻疹流行性耳下腺炎風疹に加え Varicella水痘もカバーするワクチンです

MMRワクチンと比べて、副反応の発熱とけいれんの頻度がやや高いと報告されています。
頻度としては、MMRではなくMMRVワクチン接種を選択したとき、熱によるけいれんの副反応が2300-2600回に1回多く起こる、ワクチン接種後5-12日の間に起こることが多く、24-47ヶ月の児に頻度が高いという報告があります。


●熱を伴うけいれんの頻度に関する報告
MMR+水痘ワクチン同時接種、MMRVワクチンの比較)
MMRVワクチン単独 10000例に8例
MMR+水痘ワクチン 10000例に4例