PMS

Premenstrual Syndrome(PMS)

月経前に「なんとなく体が思い」「気分が不安定になる」といった軽い症状は女性なら多くの人が経験していると思います。気分転換やストレスを避けた生活を心がけ、もし月経前の症状がつらいことがあれば、クリニックに気軽に相談してください。

PMSに対する治療薬やサプリメント、食事、生活アドバイスなどをまとめてみました。

治療薬
鎮痛薬
イブプロフェンやアセトアミノフェン。イブプロフェンはPharmacyのある薬局で購入可能です。
・利尿薬
むくみが不快な原因になっている場合は利尿薬を処方することがあります。
利尿薬によって、体のむくみ、体重増加、胸の痛み、腹痛が和らぐ可能性があります。
・抗うつ薬
脳内のセロトニンを増やす抗うつ薬SSRIは、しっかりした効果が期待できます。
・ピル(経口避妊薬)
経口避妊薬は体内のホルモンレベルを一定に保つことで、ホルモンの変動でおこる症状を和らげる可能性があります。
・サプリメント
ビタミンB6,E、マグネシウム、マンガン、必須アミノ酸のトリプトファンはPMSの症状を緩和したという報告があります。

食事
カルシウム、ビタミンDを食事に取り入れるようにします。
砂糖、食塩、カフェイン、アルコールは取りすぎないほうがよいようです。
13回のしっかりした食事よりも、軽めの食事を5,6回に分けて取る方がよいという報告もあります。

生活アドバイス
有酸素運動がPMSの症状を緩和します。30分のウォーキングを週46回行うとよいでしょう。
食事や運動、睡眠のリズムを乱さないようにして、寝不足を避けるようにします。

その他
カウンセリングでは認知行動療法の効果が報告されています。
鍼治療では、合谷、足三里、太衝、気海、百会、血海、足三里 がよく使われる経穴です。