狂犬病ワクチン

狂犬病の流行地の地図です。全世界にあり、年間約5万人の人が亡くなっています。(WHO)

狂犬病ワクチン

狂犬病は、ラブドウイルス科、狂犬病ウイルス(rabies virus)による感染症で、感染すると脳炎などを起こし、致死率の高い疾患です。この病気で、世界で毎年約5万人の人が亡くなっています。

このウイルスは、狂犬病にかかっている哺乳類の唾液に含まれており、咬まれるなどすると、ウイルスが神経に感染し、脳まで伝播します。
犬以外にも、キツネやコウモリなど、すべての哺乳類が感染源となります。このウイルスに感染し、症状を発症すると、7-14日でほとんどが死亡します。

狂犬病にかからないために
流行地では、野生の動物に近づかないようにしましょう。傷をなめられるだけでも、ウイルスに暴露された可能性もゼロではありません。
野生動物による傷は、傷口を水と石鹸でよく洗って、なるべく早く病院を受診し、狂犬病ワクチンと狂犬病免疫グロブリン接種を検討しましょう。(狂犬病ワクチンはウイルス暴露後も接種可能です。)

狂犬病ワクチン接種を検討しましょう
狂犬病流行地に、野外に長時間滞在を予定している場合、あらかじめ狂犬病ワクチン接種を検討しましょう。子供のほうが感染する危険が高いといわれています。
予防接種の場合、ワクチンは3回接種です。2回目は1週間後、3回目は34週間後に接種します。
狂犬病流行地の地図はこちらをご覧くだい。