ポリオワクチン


不活化ポリオワクチンについて

日本ではポリオワクチンは定期接種です。
2012年9月日本でも不活化ポリオワクチンが認可されました。
経口生ワクチンでは接種回数は計2回でしたが、不活化ポリオワクチンでは4回接種が必要です。(初回接種3回、追加接種1回


接種回数は?
シンガポールは、合計5回接種します。(初回接種3回、追加接種2回
諸外国は国によって異なります。米国では、不活化ワクチン4回接種、イギリスでは5回接種です。

生ワクチンを1回分接種済のお子さんは、残りの3回は不活化ポリオワクチンで接種(合計4回)、不活化ポリオワクチンのみ接種の場合は計4回の接種しましょう。
生ワクチンを2回分接種済みのお子さんは、不活化ポリオワクチン接種は必要ありません。
(厚生労働省ーポリオとポリオワクチン基礎知識)

インターナショナルスクールや、ローカルスクールの入学・転入時に、経口ワクチン計2回のみの接種では不十分とみなされる場合があるかもしれません。(学校によって異なります。)
この場合の追加接種については医師と相談して決めましょう。

シンガポールの4種混合、5種混合、6種混合ワクチンには、不活化ポリオワクチンが含まれています。混合ワクチンを上手に利用しましょう。
不活化ポリオ単体のワクチン接種も可能です。