アジアへ旅行・赴任の場合、渡航前の予防接種スケジュール

日本脳炎の年齢別抗体保有率。25歳を過ぎると抗体値が減少しているため、
東南アジア旅行の際には予防接種の追加をおすすめします。
http://idsc.nih.go.jp/yosoku/JE/Serum-JE2010.html




こちらのCDCのサイトで、渡航先別おすすめワクチン一覧が分かります。


A型肝炎ワクチンを優先的に接種します。

●1968年以前に生まれた人は幼児期に破傷風トキソイドの接種を受けていないので、少なくとも基礎免疫2回の接種(1,2ヶ月後)が必要になります。12歳頃に2種混合を接種している人は追加接種1回分でいいでしょう。
3種混合DTPを接種歴のある人は、40歳くらいまでは免疫を保っていることが多いようです。)


その他、渡航先によって、相談しましょう。
B型肝炎ワクチン、腸チフスワクチン、日本脳炎ワクチン、狂犬病ワクチンなど)

B型肝炎 推奨 主に血液(輸血、針刺しなど)、体液、性感染、家族間など濃厚な接触によって感染です。東南アジア、南アジアのB型肝炎ウイルス保持者は8%以上と考えられています。WHOは定期接種として推奨しており、先進国の90%以上が定期接種として採用しています。
(混合ワクチン有:A型肝炎ワクチンも一緒に接種できます。)

腸チフス 南アジアの地方、住人宅に滞在するなどあれば、接種を推奨します。 水や食べ物で感染します。(2歳以上、筋注、1回打ちで3年間有効)

日本脳炎 南アジア、東南アジアの地方や野外に滞在する場合、日本脳炎の予防接種を受けていない場合は、接種を推奨します。日本脳炎ウイルスを持った蚊に刺されることで脳炎を発症します。(3回打ち。2回目は1-4週後、3回目は1年後)小児期に予防接種歴のある人は追加で1回接種しましょう。(3年毎に実施)

狂犬病 野外に滞在することが多い場合は接種を推奨します。動物に咬まれることで感染します。(3回打ち。2回目は7日後、3回目は21日あるいは28日後)

ワクチン接種の計画は余裕をもって早めに!
ワクチンの中には数回(23回)接種する必要のあるものもあります。海外への赴任、旅行の予定があれば、できるだけ早い時期に予防接種スケジュールを立てましょう。
ワクチンの同時接種についてもご相談に応じます。