航空性中耳炎

飛行機に乗っていると耳詰まった感じになったりすることがよくあります。ほとんどは、「ゴックン」と嚥下すると改善しますが、中には着陸後も耳の痛みが続いて困った経験がある人がいるかもしれません。

飛行機に乗るたびに繰り返し起こす、また治りにくい、鼻や耳の領域に鼻炎や副鼻腔炎といった炎症(感染やアレルギー)があったり、もともと耳管機能が弱かったり耳管が狭い場合もあります。


治療は通常の中耳炎に準じて鎮痛消炎剤、抗菌薬を処方します。鼓膜の炎症のサインが強い場合、症状が長く続いている場合は耳鼻科に紹介し、耳管から空気を入れる「通気療法」などをしてもらいます。

このような状態が長く続いたとき、耳鏡で鼓膜を診ると、充血した鼓膜が内側にへこんだままになっていたり、鼓膜の奥に液がたまっていたりしています。これは航空性中耳炎と言って急性中耳炎の一種です。


あらかじめ耳の痛みが起こったときに備えて、鎮痛薬を用意しておくのも安心です。


予防法は以下のとおりです。(飛行機が徐々に高度を下げるときから準備を始めます。)

アメをなめたり、水を何回かに分けて飲んでみる

*唾を繰り返し飲み込む

*あくびをする

*「耳ぬき」をする。(口を閉じ、鼻をつまんで鼻に軽い圧力をかけ、息または唾を飲む)

風邪を引いたり、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などがある人は予め治療をして「搭乗前に鼻を整えておく」ことが最も重要です。


血管収縮作用のある点鼻スプレーを、飛行機着陸1時間前くらいに実施することも有効です。
(当クリニックでも処方できます。)
アルコールを飲むと耳管粘膜がはれるので搭乗時の飲酒は控えましょう。
離着陸時には居眠りは避けるほうがいいでしょう。

乳児は、哺乳瓶やおしゃぶりをくわえさせたりるとよいでしょう。
乳幼児は耳管が短いので、大人より航空性中耳炎を起こす心配は少ないです。